典型的ではない医療での働き方の豆知識

医療現場で活躍していきたいと考える看護師は典型的には病院やクリニックで働きます。規模の違いによって現場の状況こそ大差があるものの、看護学校での実習を通して体験してきたことがほぼ反映されているのが一般的な病院やクリニックです。そのため、働き始めてみると速やかに現場慣れできることが多く、基本的なキャリアとして望まれることが多い理由ともなっています。しかし、他の形で働いていくこともできるのが看護師であり、典型的ではない働き方も豆知識としておくと将来的な働き方の候補にできます。
勤務状況が大きく変わるものとしてへき地で働くという道があり、山間部や離島などで医療に携わると他の地域での病院やクリニックでの仕事とは大差があるのです。設備が整っていない程度の現場もありますが、そもそも民家を利用して全ての治療行為を行わなければならないという状況にすらなります。簡単に治療ができる状況でなければドクターヘリを呼ぶという判断になる場合も多く、それまでとはまるで異なる判断基準で仕事をしなければならなくなるのです。一方、へき地でなくとも在宅看護を担うとまた仕事内容が大きく変わります。一人で全てを判断しなければならないのが在宅看護の特徴であり、様々な職場での現場経験を生かして働ける道になるでしょう。
このような働き方で医療に貢献していくこともできると知って実践する看護師も徐々に見られるようになってきました。将来のための豆知識として持っておくと同じように貢献していく道を選べるでしょう。今回は働き方の豆知識でしたが医療関係や病気のことについてなどいろいろと使える豆知識を知っておくのも看護師として働きやすくなりますし患者さんとの話のネタにもなります。看護師は患者さんとの付き合いも大切にすべき職業なので仕事中に意外と役立つ豆知識を1つでも多く知っておきましょう。

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

カテゴリー